Xjapan hideのお墓三浦霊園の行き方を詳しく解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年にhideが亡くなって今年で19回忌となりました。
5月2日はhideの命日です。

私事ですが自分はXjapan、そしてhideの大ファンです。
CDを買い漁りライブにも行きました。

Xjapanでの活動もきっちりこなしつつ、ソロの方もあれほど精力的活動していたのに
彼は突然私たちの前から居なくなってしまいました。

しかし自分の中のhideは今でも色あせる事無く輝いています。

そんな自分は東京に移り住んでから命日にはお墓参りに行くのが恒例となっています。

そういう事で今回は品川駅からhideのお墓までの道のりを紹介したいと思います。

Sponsored Link

・JR品川駅から三浦海岸駅まで

三浦海岸駅への行き方は東海道本線に乗り横浜乗り換えなどでも行けるのですが、
品川駅からですと乗り換えなどが無く乗っているだけで目的地に着くため初めての方も
わかりやすく安心できると思います。

まず品川駅から「京急本線 三崎口行き 快特」に乗ります。
日中なら大体10〜20分に1本くらいの間隔です。
特急でも行けますが停車駅が8駅ほど増えますので時刻表と相談してくださいね。

京急電鉄 品川駅時刻表

12両編成の場合は前の8両に乗ってください。後ろの4両は途中で切り離され行き先が変わります。

品川駅 改札入口

1時間10分ほど電車に揺られていると目的地の「三浦海岸駅」到着です。

正面から見た三浦海岸駅。

階段を降り改札を出たら右前に花屋さんが見えてくるかと思います。

改札出てすぐ右手に見えるお花屋さん。この日はhideの文字をあしらった花アートも。

お目当のヒマワリはGETならずも、お花準備完了!

現地で購入する方がその町の経済に貢献できて良いと自分は思います。

最悪わからなくても命日などは黒服の方やそれっぽい人が沢山おられるので
着いて行けばおそらく辿り着けるでしょうw

・三浦海岸から三浦霊園まで

さらに右手に行くと三浦霊園行きのバス停留所があります。

※時刻表2017年5月現在

ここで2番乗り場の「剱崎方面行き」に乗ります。
1時間に2本くらいの本数なので乗り遅れには注意しましょう。
三浦海岸駅を出発して約10分ほどで8つめの停留所
「三浦霊園入口」で降ります。

「三浦霊園入口」停留所付近

降りたらこちらの道へ進みます。

10分ほど歩くと入口が見えて来ます。

こちらから入ると左手に総合案内所が見えます。

事務所ではhideの参列者用にお墓用の案内図を配ってくれていると思いますが
hideのお墓の場所は6区にあります。

総合案内所では手書きの地図を用意してくれています。

素敵な庭園も。鯉が泳いでいます。

この日は焼香台もありました。

たくさんの参列者。

現地スタッフの方にThanksカードを頂きました。参列者は貰えるようです。

持参したお花を供える時には束ねているゴムやセロハンテープなどは全て外しておきましょう。

三浦海岸駅行きの帰りの停留所

※時刻表2017年5月現在

Sponsored Link

・寄り道

時間のある方は少し海岸付近を散歩してみるのはいかがでしょうか?

特にこれといったものは無いですが、hideを想いながら海岸で
無為に時間を過ごすのもたまにはいいのでは。

帰りのバスの「三浦海岸駅」の一つ手前の「上宮田」で降りると海岸が近くて良いです。

そして自分はお腹が減ったらこちらの漁火亭さんへお邪魔します。(注:火曜定休です

オススメはアカモクまぐろ丼の定食です!

お腹も満たし三浦海岸駅に歩いていると途中にあるお花屋さんでもhideの色が濃く出ています。

・横須賀探訪

さらに時間のある方はhideの遊びのルーツ横須賀を探訪してみてはどうでしょうか?

私は三浦海岸駅から折り返してドブ板通りに近い「汐入」で降りました。
「横須賀中央駅」でも良いと思います。

ドブ板通り付近のhideゆかりのある場所を少し紹介しますね。

横須賀海軍施設から海を挟んだ向かい側にあるヴェルニー公園です。
hideもこの風景を見ながら仲間とROCKを語っていたのでしょうか。

こちらは連日遊び歩いていたと言うドブ板通り。

ヘヴィなROCKが鳴り響いていたBARに入りとりあえず1杯。

こちらはhideがSABER TIGER時代に自身初のLIVEを行った。と言われている
「ROCK CITY」というライブハウスでしたが今は完全にBARのみ営業の模様です。
中に入るとかつてはステージだったであろうスペースがあり
ここでhideがギターを弾いていたのかなーと思い浮かべながら
ここでも1杯飲んで来ました。

天井には大量のブラジャー。酔ったお客さんが記念にぶら下げて行くのだとか。

ここは「かぼちゃ屋」といわれるライブハウスでBARもしています。
こちらでもLIVE活動行っていたとの事。

命日のこの日はhideの追悼LIVEが行われていました。
17:00スタートの飲み放題で3,000円だったかな?

hideの楽曲のコピーをするのかなと思いましたが、出演していた
それぞれのバンドのオリジナルでした。
自分は時間の都合上ラスト前には撤退しましたが最後の方には演奏したのでしょうか?

写真のドリンクはブルーブラッドという名のカクテル。

以上で自分の寄り道は終わり帰路に着きました。
帰りは「横須賀中央駅」から帰りました。

・最後に

hideはいつも時代の最先端を行っていたと思っています。

もし彼の才能がまだ生きていれば今の音楽業界はどうなっていただろう?
と考えてしまう事が多々あります。

それぐらい大きなものを失ったと言えるでしょう。

hideの存在は確実に自分の人生を豊かに、そして多大な影響を与えてくれました。
そんな偉大な彼に今年もまた会いに行きたいと思います。

そしてhideが大好きな方達、これから好きになる方達に
少しでも役に立つことを願いこの記事を贈ります。

これからも後世にhideの素晴らしさを伝えて行きましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

広告 3つめ

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする